MENU

【国民民主党】インフレ手当10万円給付の経済対策決定は具体的にいつに決まる?

国民民主党が経済対策として緊急でインフレ手当を国民1人10万円給付する政策を決定しました。

しかし、この経済政策がいつ頃決まるのか、本当に給付されるのか気になりますよね!

そこでこの記事ではインフレ手当10万円はいつ頃決まるのかについて調査しました。

目次

【国民民主党】インフレ手当10万円給付を経済対策決定

インフレ手当,いつもらえる

2022年9月13日に国民民主党がインフレ手当という名の緊急経済対策を決定しました。まず、今回決定したインフレ手当の内容をみてみましょう。

【インフレ手当の内容】

  • 「インフレ手当」一律10万円給付
  • ガソリン/電気代の値下げ
  • 児童手当の所得制限の撤廃
  • 農業支援

このような内容を掲げたようです。


本当にこの内容が決まれば国民としては助かりますよね!しかし、この政策は国民民主党が発表しただけで、まだ行われると決まった訳ではありません。

また国民民主党の玉木さんはこのように動画にまとめて国民へ説明をしています。


では、この政策はいつ頃決まるのでしょうか?

インフレ手当10万円給付の経済対策は具体的にいつ決まる?


調査をしたところ、早くても2〜3ヶ月はかかる、もしくは可決されない可能性が高いと言われています。

その理由として国民民主党がインフレ手当の表明しただけだからです。

今回報道で「国民民主が経済対策決定」と決定したように見えますが、これはまだ国民民主党の中だけで決まった事が報じられているだけです。

つまり、これから国会で協議されるので10万円の給付までには早くても2〜3ヶ月はかかるでしょう。

また、国民民主党は野党なので、与党が賛成をしない限り法案を可決することができません。つまり、与党の過半数を獲得することが出来なければこの法案は可決されることがないということになります。

そのため可決される可能性が低いんです。

しかし、最近の国民民主党は与党の考えに賛成する姿勢を見せています。

それが2022年度の政府の新年度当初予算に国民民主党が賛成した事があげられます。野党が与党の賛成に回るのは実に44年ぶりと言われているので極めて異例のことで話題にもなりました。

そのため、現在政府や与党と国民民主党の仲が良ければ今回の対策案は可決される可能性がかなり高くなります。

今回の緊急経済対策を政府と与党がどのように受け止めて動くのか注目ですね!

目次
閉じる