MENU

【画像】仲野太賀は映画バッテリーで何の役?林遣都と共演エピソードが感動!

実力派俳優として様々な映画・ドラマに出演している仲野太賀さん。

2022年7月16日から始まる日本テレビ系ドラマ『初恋の悪魔』にも出演することが決まっていますが、なんと林遣都さんとのW主演

仲野太賀さんと林遣都さんの組み合わせと言えば、2007年に上映された映画『バッテリー』ですよね?

そこで今回は、仲野太賀さんが映画『バッテリー』で演じた役柄林遣都さんと共演した時のエピソードを紹介していきます。

あわせて読みたい
【2022最新】仲野太賀の彼女は森川葵!馴れ初め共演は?結婚の予定も調査 人気ドラマに次々に出演し、2022年7月放送のドラマ『悪魔の初恋』でも主演を務める仲野太賀さん。 仲野太賀さんは、2019年12月頃から女優の森川葵さんとの交際が噂され...
目次

【画像】仲野太賀は映画「バッテリー」で何の役?

仲野太賀さんが『バッテリー』で演じた役は東谷啓太で、主人公・原田巧のチームメイト。

こちらが共演当時の画像です。

仲野太賀,バッテリー,役

仲野さんはバッテリー撮影当時12~13歳ですが、顔立ちは現在とあまり変わっていないですね!

一方、圧倒的な野球の才能を持っているものの、天才ゆえにプライドの高さと孤独によって周りと衝突しがちな原田巧を林遣都さんが演じました。

仲野さんが演じた東谷啓太は、原田巧のバッテリーである永倉豪の幼なじみ

お調子者で笑い上戸な性格の啓太に仲野さんはピッタリで、原作を忠実に再現したキャスティングでした!

仲野太賀,バッテリー,役

啓太の実家はお寿司屋さんで、啓太と友達になるとお寿司が無料で食べられる、というエピソードがあったためねじり鉢巻きをしているシーンもありましたね!

坊主頭とねじり鉢巻きがこんなに似合う俳優さんも珍しいのではないでしょうか!

仲野太賀のプロフィール

仲野太賀,バッテリー,役

  • 本名:中野 太賀(芸名:仲野 太賀)
  • 生年月日:1993年2月7日(29歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型
  • 主な出演作品:映画『桐島、部活やめるってよ』『バッテリー』、ドラマ『#家族募集します』『コントが始まる』『今日から俺は!!』

 

仲野さんは俳優の中野英雄さんの次男。

以前は「二世俳優というものを切り離して見てもらいたい」という思いから芸名も「太賀」としておりましたが、お父さまがSNSで仲野さんの出演をかなり強めにアピールされていたため、すぐにバレてしまったようですね。

仲野さんのデビュー作はテレビドラマ『新宿の母物語』で、13歳の頃。

その1年後に『バッテリー』のオーディションを受けて合格し、東谷啓太役を演じることになりました

仲野太賀と林遣都の共演エピソード

2007年の『バッテリー』以来、なかなか共演の機会がなかった仲野さんと林遣都さん。

『バッテリー』で共演した当時、仲野さんは13歳で林さんは15歳

年齢も近いお2人に、どんな仲良しエピソードがあったのか気になりますね!

1.「バッテリー」でのエピソード

仲野さんは2007年当時、映画『WATER BOYS』を見て主演を務めた山田孝之さんに憧れを抱いていました。

そんな仲野さんは『バッテリー』で共演することになった林遣都さんが、山田さんと同じスターダストプロモーション所属ということを知って、自分もスターダストプロモーションに入れてもらうよう、関係者に直談判したそうです

以来、17年間仲野さんは林さんとともにスターダストプロモーション所属

仲野さんは林さんの人柄について以前インタビューされた時、このように明かしています。

ずーっと一緒ですから。兄弟みたいな感じですかね

つきあいは長いし、歳も2個くらいしか変わらないんですけど、遣都くんには敬語で…愛すべき人ですね(笑)。

ギャップまみれな人ですよ(笑)。ほんと、ヤバいです(笑)。

仲の良い俳優さん同士は年齢や芸歴関係なくタメ口で話すイメージがありましたが、仲野さんは普段から林さんに敬語なんですね!

たしかに林さんは『バッテリー』以外にも出演作がたびたびブームになっているため、仲野さんから見ると先に売れた先輩俳優のように見えているかもしれません

兄弟みたいな感じ」という言葉の通り、仲野さんから見て林さんは『バッテリー』の時から変わらない、尊敬できるお兄ちゃんのような存在なのかもしれませんね。

2.17年ぶりに新ドラマ「初恋の悪魔」で共演

仲野さんと林さんが共演するのは『バッテリー』以来17年ぶり。

仲野太賀,バッテリー,役

さらに『バッテリー』の時とは異なり、『初恋の悪魔』で仲野さんと林さんはW主演です。

仲野さんは共演に際し、このようにお互いに対しての思いをコメントしています。

(仲野さん)「僕にとっては本当に感慨深いです。遣都くんが主演の作品に出させてもらったのが出会いだったので、こうやって並んで主演でやらせてもらえる時がきたのは光栄ですし、勝手に誇らしい気持ちになっています。」

仲野さん自身、林さんとの共演はとても嬉しいことなんでしょうね!

しかも仲野さんは『バッテリー』の時は野球チームのメンバーの一人でしたが、今回は主演として肩を並べる立場

仲野太賀,バッテリー,役

ずっと追いかけてきた兄弟の背中にやっと追いついてきた…!」という気持ちなのでしょうね。

また仲野さんは以前、林さんに俳優としての尊敬の気持ちを伝えたことがあったそうです。

(仲野さん)「「バッテリー」から始まって、そのあと「火花」「おっさんずラブ」があって、「いつまで売れ続けるんだろうな、この人」っていう感じですごいなと思っています。」

(林さん)「今の話を、太賀が僕の家に来た時に言ってくれて…。僕の中では全然自覚もないですし、ずっと悔しい思いもありながら、なにくそ!と思ってやってきたところがあるので、太賀がそんな風に見ていてくれていたんだと知って、彼が帰った後、ひとり部屋でじんわりしちゃいましたね。」

仲の良い友達でも、尊敬している気持ちって恥ずかしくてなかなか伝えられないですよね。

当たり前のように尊敬の気持ちを伝えあえる仲野さんと林さんの関係ってとても素敵です!

こんな2人が作る新ドラマ『初恋の悪魔』がどんな仕上がりになっているのか、今から楽しみで仕方ないですよね!

まとめ

今回は、仲野太賀さんが映画『バッテリー』で演じた役柄、林遣都さんと共演した時のエピソードを紹介しました。

『初恋の悪魔』で仲野さんは上昇志向が全く無い境川署総務課職員・馬淵悠日を演じ、林さんは停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介を演じます。

「事件を捜査する」という権利がない二人の警察官がどのようにタッグを組み、謎に立ち向かっていくのかが見どころです。

17年ぶりに共演する仲野さんと林さんがどんな息の合った演技を見せてくれるのか、今から7月の放送スタートが楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる