【出張買取】実際に業者が買取するまでの具体的なやり方について解説

お酒の買取を行っている業者の中には、「出張買取」を用意してくれているところがたくさんあります。

初めて利用しようと考えている人は、ここで出張買取のイロハを学んでおきましょう。

デメリットにもちゃんと言及するので、参考にしつつ他の買取方法と比較してみてください。

出張買取とは


「出張買取」は、お酒などの買取サービスを行っている業者のスタッフが、ものを売りたいと考えている人の自宅などに出向き取引を行う方法です。業者が出張して買取を行うので、こう呼ばれているわけですね。

店頭買取との違いは、売りたい人が業者の運営する店舗に出向くか、それとも業者側が売りたい人の元を訪れるかという点にあります。前者が店頭買取、後者が出張買取となります。

宅配買取と異なるのは、業者の担当者と直接顔を合わせながら取引を行う点ですね。

出張買取のメリット・デメリット


出張買取を利用する前に、この方法の良い点とイマイチな点を知っておきましょう。

メリット

お酒などは、1本だけでもそれなりの重さがありますよね。売る数量が多くなればなるほど、持ち歩くことが困難となります。そんな時に利用したいのが出張買取です。

買取業者が自宅などに直接来てくれますから、売る側は外に出る必要がありません。家の近所に買取業者がなくても利用できますし、夏や冬でも快適に取引が行えますよ。

対面式の取引となるので交渉がしやすい点や、売りたいものの詳細な情報、細かな査定や鑑定結果などが聞きやすいというメリットもあります。お酒の知識が増えるかもしれませんね。

その場で現金化できるのも出張買取のメリットです。宅配買取のように梱包する必要もなく、取引自体はとても楽に行えますよ。

デメリット

出張買取は、繰り返しになりますが業者の担当者と直接会うことになります。知らない人と会うことや、知らない人を家の中に入れることに抵抗がある人は、これらの点をデメリットと感じるかもしれません。

家の近所に買取業者がなくても利用は可能なものの、業者ごとに出張範囲を限定しているケースが多いです。

売りたいお酒の本数が少なかったり安価なお酒ばかりだと出張に応じてくれない業者もあるので、必ずしも利用したい業者に依頼できるわけではない点は頭に入れておきましょう。

出張買取するときの流れとやり方


出張買取の流れは、とてもシンプルです。

1.不要なものを売りたい業者を選別する
2.選んだ業者に仮査定と出張買取を申し出る
3.出張買取に応じてくれそうであれば日時を決定し予約する
4.当日、業者の担当者が自宅などを訪れる
5.その場で売りたいものの査定や鑑定を行う
6.提示された金額を確認する
7.必要に応じて交渉等を行う
8.最終的に提示された金額に納得すれば取引成立
9.その場で現金を受け取る

業者を選別する際には、その業者の出張範囲等も確認しておきましょう。出張に応じてくれるための条件等も業者ごとに異なるので、サイトなどでチェックしておいてください。

予約を入れる前に、都合の良い日時もあらかじめ複数用意しておきましょう。お酒を売るのであれば、数量や銘柄なども確認しておくこと。

小規模な業者では担当者が1〜2人しかいないことも多いので、1度のやり取りで予約日時が決定できるようにしておくとスムーズに取引が行えますよ。

まとめ

自宅などに買取業者の担当者に来てもらい、その場で取引を行う方法が「出張買取」です。

業者のスタッフと直接取引ができるので交渉しやすい点や、売りたいものの情報等が手に入りやすい点がメリットです。

また、自宅にいたまま買取サービスの利用ができるため外出する必要がなく、梱包作業も必要ないので、最も楽な買取方法と言えるでしょう。

一方で、知らない人と会う、自宅に入れるという行為が伴います。トラブルになることはほぼありませんが、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

出張範囲や出張条件も業者ごとに異なるので、必ずしも全ての人が利用したい業者を利用できるわけではない点も頭に入れておきましょう。

事前にそうした範囲や条件を確認し、予約日時や売りたいものの数量や銘柄なども押さえた上でコンタクトを取ると、スムーズに取引することができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加