【宅配買取】実際に業者が買取するまでの具体的なやり方について解説

不要なものを買い取ってもらいたい時に利用すると便利な「宅配買取」ですが、利用経験がない人にとっては未知の買取方法で、ちょっと不安ですよね。

大丈夫です、この方法はとても簡単で利用のハードルも高くはありません。

宅配買取はどのようなものなのか、具体的な方法や流れ、メリットやデメリットをまとめていきます。利用前に目を通しておきましょう。

宅配買取とは


「宅配買取」は、売りたいものを業者へと宅配便を利用して送ることで買い取ってもらう方法です。たったこれだけで、不要なものを処分し、しかも現金化することができてしまいます。

買取サービスには他に出張買取と店頭買取が主にありますが、宅配買取は他の方法と決定的に異なる点があります。それは、買取業者と直接会う必要がないことです。

出張買取も店頭買取も、業者のスタッフと顔を合わせることになりますよね。でも、宅配買取ならそれがありません。それによるメリットやデメリットは、このあと詳細に説明していきます。

宅配買取のメリット・デメリット


宅配買取を選んで不要なものを売る人が増えていますが、そこにはどのようなメリットがあるのでしょうか。その一方で生じるデメリットについても考えてみましょう。

メリット

宅配買取のメリットは、買取業者と直接顔を合わせる必要がないところですね。人見知りの人にとって、これはかなり嬉しく感じるはず。

買取業者の店舗へと足を運ぶ必要がない点もメリットです。

例えばお酒の買取サービスを利用する場合、重いお酒を持って外を出歩くのは困難ですが、宅配買取を利用すればダンボールに詰めて送るだけなので、重い思いをすることはほとんどありません。

また、遠方にある買取業者を利用できるのも、この方法のメリットです。店頭買取は近くに店舗がないと利用しづらいですし、出張買取も範囲を限定している業者が多いですからね。

宅配買取なら日本中どこの業者にも送れますから、最も高い価格でお酒を買い取ってくれる業者を選んで取引を行うことができますよ。

デメリット

宅配買取は、梱包作業を伴う点が少し面倒です。売りたいお酒が何本もある場合、それをダンボールに入れて、運搬中に破損しないよう丁寧に緩衝材を詰めるなどしなければいけません。

お酒の場合は、この破損のリスクが拭えないところも、デメリットというか注意しなければならない点でしょう。

また、業者の人と面と向かって取引を行うわけではないため、出張買取や店頭買取よりも現金化に時間がかかってしまう点もデメリットの一つ。

とにかく今日お金が必要なんだという人には、少し向かない買取方法となるかもしれませんね。

宅配買取するときの流れとやり方


宅配買取利用時の流れをまとめてみます。

1.不要なものを売りたい業者を選別する
2.選んだ業者に宅配買取を申し出る
3.仮査定を行い、金額に問題がないことを確認する
4.指示に従ってダンボールなどに売りたいものを詰め梱包する
5.宅配業者を利用し指定された住所に送る
6.受け取った業者が中身等をチェック
7.最終的な買取金額の連絡が来るので確認する
8.金額に問題がなければ取引成立
9.指定した口座に買取金額が振り込まれる

以上のような流れで、宅配買取は行われます。
ほとんどの業者が、事前査定を必要とする点に注意しましょう。いきなりお酒などを送りつけるのではなく、前もって業者に連絡を入れ、「宅配買取を利用したいので、仮査定をしてください」などと申し出てください。
業者によっては宅配買取用の専用キットを用意してくれています。より安全に送りたい場合には、そうしたキットを利用しましょう。

これも業者によりますが、送料は基本無料なものの、キャンセル時の返送料は有料という業者も稀にあります。損をしないよう、こうした点も事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

店舗に出向く必要もなく、業者のスタッフと顔を合わせることもなく不要なお酒などを売ることができる方法が「宅配買取」です。

この方法を利用することで、どこに住んでいても好きな買取業者を利用することができます。最も高い金額を提示してくれた業者に売却できる点は大きなメリットでしょう。

梱包作業が面倒な点や、他の方法と比較すると現金化に多少時間がかかる点が宅配買取のデメリットです。

また、宅配買取利用時には、事前に仮査定の依頼をすることや手数料等のチェックを忘れないでください。業者ごとにルールや方法が多少異なることがあるので、トラブルにならないよう注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加